氷見塾10期生 2007年合格者体験記

東京大学理科Ⅱ類合格

東大寺学園高校出身

京都大学工学部物理工合格

東大寺学園高校出身

京都大学医学部医学科合格

洛星高校出身

東京大学理科Ⅱ類合格  東大寺学園高校出身

  僕が氷見塾に入ったのは高3のはじめでした。正直最初は氷見塾がどういう塾かもわかっていなかったのですが、英語を得点源にしたいという思いと友達による薦めで入ったという感じでした。英語は得点源の科目にするのは時間も労力もかかるというのであまり塾に入っても伸びないだろうなーと思っていたのですが、違いました。

  まず、氷見塾の自慢できるポイントは生徒に一文一文丁寧に読ませるという点です。はじめのうちは自分の番に備えて訳す準備をしたり、みんなの訳や先生の解説を聞いたりとずいぶん時間に追われていたのですが、何回か受ける内に慣れてきて要領がつかめるようになりました。自分一人で氷見先生の前で訳すのは結構緊張するので、テスト対策にもいいです。一文一文しっかりと訳すのでわからない所を残したままにしてしまうということもなくて良かったです。

  また、氷見塾でやる教材のレベルの高さには驚かされました。単語のレベルや構文のレベルも高くて、氷見塾1年分の教材に大学受験に必要なものはすべて含まれていました。さらに、氷見塾では成績上位者が毎回発表されるためモチベーションがさがることなく勉強できました。入って間もない頃は平均より少し下の成績でしたが、夏休み明けくらいからは安定して良い感じの成績をとれるようになってきました。本番の入試でもしっかりと点をとることができて今回の合格に結びつきました。

  この氷見塾での1年間で受験対策のみならず、英語(語学)に対する姿勢というのも氷見先生に教えていただきました。大学に入っても英語の勉強を怠ることなく、がんばっていきます。先生、この1年間ありがとうございました。

 今、氷見塾に入ろうか悩んでいる人や英語に磨きをかけたい人はまずぜひ入塾テストを受けてみてください。

京都大学工学部物理工合格 東大寺学園高校出身

高1の秋・・・それがすべてのはじまりでした。

母:「あら、見慣れへんとこからチラシ入ってるやん・・・なに、英語専門塾、氷見塾!?あんた英語全然ダメなんやからこれ、いってみなさい!!」

・・・というありきたりな理由で僕は氷見塾に入ることになりました。当時の僕といったら、(特に英語においては)成績がいまいちぱっとしない部類にはいっていたものですから、「おれ、氷見塾はいって~ん」とか友達に言ったら、お前は本当にそこでついていけるのか、とひやかされたり、本気で心配されたりもしました。

 入った頃といえば、そりゃもうしんどかったです。学校よりもはるかにむずかしい英文がドバッとでてきてしかも単語が全くわからないものですから、一つの文章を読むのに常人の5倍の時間を要しました。さらに氷見塾ではテキスト内の全ての英文を生徒に訳させるので、テキストの隅から隅まで予習しておく必要があったのです。

 しかしこれらのおかげで僕は英語を「ていねいに読む」という姿勢を身につけることができるようになりました。氷見塾の素材はどの文章にもキーとなるエッセンスが凝縮されているので、自然とその心構えが身についていくのです。

 英文を読む、といった反復練習を繰り返していくうちに、次第に英語が読めるようになり、成績もあがっていき、志望校に合格することができました。しかしここで最も重要なことは、志望校合格ということはさることながら、「これから先も、今まで氷見塾で学んできた英語はプラスになるだろう」という自信を得た、ということです。それは、氷見先生の「受験英語をという枠組みを越え、生徒たちに真の英語を体得させる」といった信念に裏打ちされたものです。だから僕も英語の勉強を重ねるうちに、英語は「つまらないもの」ではなく、次第に興味のもてるものへと変わっていきました。今まで理解不能だった構文が、一気にぱっとわかるようになる、というのは気持ちのいいものです。

このように僕は、氷見塾を通じて様々なものを得ることができました。これを機に皆さんも、一度氷見塾の門をたたいてみるのはいかがでしょうか?

京都大学医学部医学科合格 洛星高校出身

僕が氷見塾に入塾したのは高校一年の春の最初からでした。僕は中学生の時に氷見塾の存在とその実績を聞いており、また医学部に進みたいという意思を僕自身決めていたので高校生になったら是非そこで指導してもらおうと思っていました。入塾テストをはじめ初めの頃はその教材の難度と量に驚きこの先続けていくことができるかどうか不安になることもありましたが、課題をひとつひとつ丁寧にこなしていくことで次第にそれだけのことをしている自分に自信をもつことができるようになりました。高2高3となるにつれて当然読む英文の難度も上がっていくのですがそれがそのまま自分の自信へと繋がっていったように思います。

僕がこの氷見塾に通っていて最も印象に残っていることは、本当に多くの英文に触れることができたということでした。もちろんただ闇雲に多いというわけでなく英文中には多くの重要構文が含まれ、しかもそれが数ヶ月の間隔をあけて何度も出てくるので自分の苦手とする部分も見つけやすく弱点の克服に役立ちました。また夏や冬の長期休暇中には単元を絞ったものなど更に多くの英文に触れることができました。そしてこれらすべてを総括する形で存在するのがインタビューテストで、それまでの教材全ての復習テストを一対一でしてもらうことができ、このように氷見塾で大量の英文を読み、それを何度も復習することによって着実に実力を養うことができたと思います。氷見塾で読む英文は入試のためだけに役立つと言うのではなく、時事的な問題や哲学的なことなど様々な一般教養として知っているべき、知的好奇心を大いに刺激するようなことについてのものが多く大学に進んでからも役立つ知識を身につけることができたと思っています。

英作文やすべての基礎となる単語や語彙についてのフォローも万全で、自分ひとりではなかなかやりづらい英作文の添削もしてもらえ、また授業ではひとつの日本語文や語句ひとつについても多くの解答例が得られたり、文のまとまりとしての訳し方も教えてもらえたり、そして特に入試の直前期には本当に多くの英作文を書かせてもらえました。語句については3年間毎年夏のジーニアス英単語帳のテストに出続け、また普段の授業でのテキストの知らない単語を調べ覚えていくという単調で地道な作業を続けるだけでもその力は十分養われました。

無事第一志望の大学に入ることができ僕は医師を目指し頑張っていくわけですが、氷見塾で学んだ英語を存分に生かしこれからの勉強に役立てていきたいと思います。最後に、氷見先生3年間本当にありがとうございました。

                     

home