2017年 京都大学医学部医学科 合格

洛南高校出身     

 

私が氷見塾に入ったのは高校二年の秋でした。高二になったあたりから段々と英語に苦手意識が出てきたので、親と相談して他の集団塾に入りました。しかし、大人数での授業だと授業中当たることもあまりないせいで予習復習が適当になり、結局英語が苦手なまま時間だけが過ぎていきました。そのとき、氷見塾をインターネットで見つけました。たまたま身近な先輩が通われていて良い先生だとお聞きしたので、入塾を決意しました。

 
氷見塾の授業は少人数制で、毎回の授業で当たります。教材の内容や構文は高度なものが多く、予習の時に考えていかないと授業についていけないので、必死に予習しました。入塾した当初はその予習がとても大変で、毎日英語しか勉強していませんでした。分からない単語だらけなのでずっと辞書をめくっていたし、構文もほとんどとれていませんでした。でも、一生懸命予習をしていって分からないところを授業中に質問すれば、先生は丁寧に答えてくださいました。一人一人どこが苦手かしっかり見てくださり、それぞれに合った課題を出してくださいました。また、氷見塾では復習も徹底していました。やりっぱなしにするのではなく、小テストやインタビューテストで何度も復習をする機会がありました。

 氷見塾に入ってしばらくすると、次第に構文をとるのがはやくなり、予習にかかる時間も減っていきました。入試の時期が近くなると、和訳だけでなく英作文や自由英作文も丁寧にみていただきました。英作文に取り組んでいると、解釈のときに培った構文をとる力がいかに大切かを思い知り、今まで必死に授業についてきて本当に良かったと思いました。

 本番では先生に教わったことをひとつひとつ思い出しながら試験に取り組みました。わからない単語が出てきても、焦らずにどうすればよいか粘り強く考え続けることができました。

 私が京大に合格することができたのは、氷見塾で英語を学ぶことができたおかげです。氷見塾で英語を学ぶことを通して、たとえ苦手でも諦めずに努力することの大切さを知ることができました。この経験をこれからの勉強に役立てていきたいと思います。氷見先生、本当にありがとうございました。

 

home